【初心者向け】トライアスロン用自転車の選び方

トライアスロン バイク ノウハウ

はじめに

トライアスロンのレースに出場するために必要な一番高価なものがバイクパートで使用する自転車です。

しかし、一言で自転車といっても様々なタイプがあり迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

そこで、本記事では自転車を選ぶポイントを何点か記載しますので、購入の際の参考になれば幸いです。

ロードバイクを選ぶポイント

ロードバイク/TTバイク

トライアスロン バイク

トライアスロンで使用される自転車は大きくロードバイクとTTバイクの二種類が存在ます。

メリット・デメリットの詳細は以下に記載していますが、あなたが初めてトライアスロン向けに自転車を購入するのであればロードバイクで問題ないと思います!

ロードバイク

メリット:軽い、様々な場面で使える

デメリット:空気抵抗を受けやすい

TTバイク

メリット:空気抵抗を受けづらい

デメリット:使える場面が限られる、価格が高い

フレーム

トライアスロン バイク

次に選ぶポイントはフレームの素材です。

フレームの素材は大きく分けてアルミ、クロモリ、カーボンの3種類があります。

アルミ

一代目のロードバイクの素材として最も選ばれているのがアルミ素材です。

初心者に選ばれる一番の理由は価格の安さ、一昔前までは安かろう悪かろうのイメージでしたが、最近は後述するカーボンフレームにも負けない性能のアルミフレームも登場しております。

メリット:価格が安価、頑丈

デメリット:長く乗っていると疲れやすい

クロモリ

ロードバイクの素材として長く使われてきたのがクロモリ素材です。

アルミよりもしなやかで乗り心地が良いのが特徴の一つとなってります。

メリット:快適な乗り心地、フォルムが特徴的

デメリット:重い

カーボン

中上級者に愛されているのがカーボン素材です。

トップモデルになれば間違いなくアルミやクロモリよりも性能が良くなりますが、その分価格が高くなるので購入する際には予算と要相談となります。

メリット:軽い、乗っていて疲れにくい

デメリット:価格が高い、強い衝撃があると割れる

コンポーネント

トライアスロン バイク

ロードバイク初心者にとって分かりずらいのがコンポーネント。

コンポーネントとは、駆動や制動に関するパーツ郡のことです。分かりやすいパーツで言うと、ブレーキや変速機などがコンポーネントに含まれております。

日本で発売されている完成車のほとんどはSHIMANOのコンポーネントを搭載しているため、今回はSHIMANOのコンポーネントの上位4つを紹介したいと思います。

DURA-ACE(デュラエース)

DURA-ACEは、プロレーサー向けの最上級コンポーネントとなっております。

超軽量かつ高耐久性を誇っておりますが、コンポーネントだけでも20万円を超えてくるため、初心者にとっては正直オーバースペックかなと思われます。

ULTEGRA(アルテグラ)

ULTEGRAはDURA-ACEに次ぐコンポーネントとなっており、最もコストパフォーマンスに優れているコンポーネントともいわれております。

見た目も性能もDURA-ACEと大きな差はないため、2台目以降のロードバイクで少し性能をあげたいという方がURTEGRAを選ぶケースが多いそうです。

105(イチマルゴ)

105は手ごろな値段でありながらレースに十分対応できる性能を持っており、1台目のロードバイクにおすすめできるコンポーネントです!

これから本格的にレースに参加したいという方は、105以上のコンポーネントをおすすめします。

TIAGRA(ティアグラ)

10万円前後のロードバイクに多く使われているのがTIAGRAです。

価格が安価なため、とりあえずレースに出てみたいという方にはおすすめのコンポーネントとなりますが、ブレーキ性能やギアの数など、分かりやすい部分がダウングレードされているため、注意が必要です。

まとめ

今回は以下3つの観点で自転車の選び方を整理してみました。

  1. ロードバイクか、TTバイクか
  2. フレームの素材について
  3. コンポーネントについて

トライアスロン用自転車を購入する際に、この記事が少しでもご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました