【2020年版】初心者におすすめのランニングシューズ8選

トライアスロン ラン アイテム

はじめに

これからランニングを始めたいという方にとって、まず必要となるのがランニングシューズ。各メーカーも様々な種類のシューズを販売しており、どれを購入すればいいのか迷ってしまう方も少なくないのではないでしょうか。

本記事では、2020年おすすめのランニングシューズをメーカー別に8つ紹介しますので、購入する際の参考になれば幸いです。

NIKE(ナイキ)

ZOOM RIVAL FRY 2(ズーム ライバルフライ 2)

ナイキ ズーム ライバル フライは、前足部に高反発のクッショニングを搭載した未来的なデザイン。
ソールのフレックスグルーブ (アウトソールやミッドソールにある溝) が最適な蹴り出しをサポートし、柔らかいフォームがクッショニングを発揮します。

【NIKE公式】ナイキ ズーム ライバル フライ 2 メンズ ランニングシューズ.オンラインストア (通販サイト)

「ズーム ヴェイパーフライ 4%」などに使われているエアロソールを搭載しながら、定価1万円未満という低価格を実現しているのがこちらのズーム ライバルフライ2!

クッション性も高く初心者に自信をもっておすすめできる一足となっております。

ZOOM FLY 3(ズーム フライ3)

ナイキ ズーム フライ 3 ライズは、ヴェイパーフライからヒントを得て、長距離ランナーに必要なレース中の快適性と耐久性を追求。
カーボンファイバー製プレートのパワーにより、何キロでも走り続けられます。

【NIKE公式】ナイキ ズーム フライ 3 メンズ ランニングシューズ.オンラインストア (通販サイト)

「ズーム ヴェイパーフライ ネクスト%」で有名になったカーボンプレートを搭載していながら、比較的リーズナブルな価格を実現しているのがこちらのズーム フライ3!

ほかの初心者向けシューズと比べて少し癖はありますが、クッション性も高く慣れれば楽に走れるため、今後本格的にレースで記録を狙っていきたいという方にはおすすめできるシューズとなっております。

asics(アシックス)

GEL FEATHER GLIDE 5(ゲルフェザー グライド 5)

究極のソフトフィールをキーワードに、スピードを求める機能とクッション性や安定性など快適さを求める機能を両立させたランニングシューズ。

ミッドソールにクッション性と反発性に優れたFLYTEEFOAM PROPELをワンピース構造で採用することで、やわらかな着地と蹴り出し時の弾むような反発性を追求。

かかと部外側には最適形状にデザインされたfuze GELを内蔵。ミッドソールの硬度バランスを相対的に内側はやや硬く、外側はやわらかくすることで、走行時の不要なねじれを抑制し、着地からキックにかけての安定性を高めています。

アッパーにはよりやわらかなダブルラッセルメッシュを使用。またメッシュと補強材との境界部の段差や硬さ、違和感を感じにくくするために最小・最適な位置にNOSEW補強を配置するなど、ソフトフィールを徹底的に追求しています。

https://www.asics.com/jp/ja-jp/gel-feather-glide-5/p/1011A811-600.html?width=

asicsの初心者向けシューズの中でも高いクッション性と安定性を実現しているのがこちらのGEL FEATHER GLIDE5!

スピードを求める機能も搭載されており、フルマラソンでサブ4を狙いたい方にもおすすめできる1足となっております。

GLIDE RIDE(グライド ライド)

RUNをもっと長く、もっとラクに。GLIDERIDEは、ランナーが少ない力でより長く、より楽しく走ることを追求した商品です。

一見とても特徴的で大胆な弧を描く弓形のソールデザインGUIDESOLEが、着地からキックにかけての足首の動きを少なくし、走行効率を高めランナーのエネルギー消費を抑えてくれます。

また前足部に搭載されたハードEVAシートが優れた強度を発揮し、走るとスムーズかつ楽に足が前に出る回転モーションを生み出しやすくしています。

ミッドソールにはクッション性に優れたFLYTEFOAM PROPELと軽量性に優れたFLYTEFOAMの2層構造を採用し、着地時のやわらかなフィーリングと快適な足運びを実現。ランニング時の足への負担を軽減しました。

ランニングビギナーはもちろん、タイムの向上を目指すサブ5~サブ4ランナーやトレーニングに励むエリートまで、さまざまなランナーへおすすめのモデルです。

GlideRide | BLACK/GUNMETAL | メンズ ランニング シューズ | ASICS

大胆な弧を描く弓型のソールデザインが特徴のGLIDE RIDE!

このカーブにより少ないエネルギーで楽に長く走ることが可能となっており、ランニングビギナーからエリート向けのトレーニングシューズまで様々なレベルに対応した一側となっております。

adidas(アディダス)

SOLAR BOOST(ソーラー ブースト)

長距離ランに快適さを提供すべくデザインされた、多目的に使用できるランニングシューズ。コンプレッションサポートを発揮するアッパーが足を包み、柔軟性のあるアウトソールが個々の足のストライドに適切に対応する。

https://shop.adidas.jp/products/B96286/

アディダスジャパンが初めてランニングを始める人、初めてマラソンに挑む人の定番モデルにしたいという思いから開発されたシューズがこちらのソーラーブースト!

初心者がシューズに求める衝撃吸収性や着地安定性を実現しており、快適な走りをサポートしてくれます。

Ultra BOOST 20(ウルトラ ブースト)

毎日、気分を一新してベストな走りを目指すランナーに。足をしっかり包むニットアッパーが特徴の、高パフォーマンスシューズ。サポート力が必要な場所に、ピンポイントでステッチを施し強度を高めている。
ソフトなポリウレタン製のヒールが、快適にかかとにフィットする作り。
エネルギーが次の一歩にリチャージされる高反発力のクッショニングを備えた、いつまでも走り続けたくなる一足。

https://shop.adidas.jp/model/DVF21/

抜群のクッション性と洗礼されたデザインから、アディダスの中でも根強い人気を誇っているのがウルトラブーストシリーズ!

最新作のウルトラブースト20では、靴下のようなフィット感を実現しておりクッション性も高く快適に走ることができます。

普段履きにも使えるデザインであるため、ランニングシューズと普段のシューズを兼用したいという方にもおすすめです。

Mizuno(ミズノ)

WAVE POLARIS(ウェーブ ポラリス)

それぞれ硬度の違うフォームを重ね合わせて構成された、プレートではない新しい WAVE構造です。ソフトなクッショニングを発揮しつつ、従来の安定性も確立。

高い柔軟性と弾力性のプレミアムインソールをあわせて搭載することにより、足を入れた瞬間に柔らかいクッションを実現しました。

アッパーには通気性・フィット感を両立したエンジニアードメッシュを全面に採用。トップメッシュにはニット風カラーメッシュを採用しました。

https://www.mizunoshop.net/f/dsg-667143

「WAVE POLARIS」は北極星を意味し、これからランニングを始める人の道しるべをコンセプトした初心者向けランニングシューズです。

WAVE POLARISにはアッパー部分の素材が異なる2辰野モデルが存在し、SPモデルは通気性・フィット感を両立したエンジニアードメッシュ所在を採用、EZモデルは伸縮性があり通気性の高い絵アメッシュ素材を採用しています。

ランニングから普段履きまで様々な場面で使用できるリーズナブルな初心者向けシューズです!

WAVE RIDER 23(ウェーブ ライダー)

軽量なメッシュに通気孔が配置されており、高いフィット感とサポート力を追求しています。

ミッドソールヒール部に大小のパーフ(穴)を設けることで、着地時のソフト感と衝撃吸収性が向上しました。

ソールの屈曲溝を従来より増やす ことで、屈曲性が向上。 着地から蹴りだしまでの体重移動が よりスムーズに!

ウエーブライダー23|ランニングシューズ|ミズノ公式通販|MIZUNO SHOP

ミズノのシューズとして長い歴史を誇るウェーブライダーシリーズ。

今回で23代目となるウェーブライダー23は、前作よりもフィット感が改善されており、初心者の方でも安心して履くことのできる一足となっております。

まとめ

今回はおすすめのランニングシューズをメーカー別に8つ紹介させていただきました。

ランニングシューズを購入する際にこの記事が少しでもご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました